いつもご覧いただきありがとうございます。あね子です。

前回の続き。メイ子がピアノをやめた話です。
メイ子のピアノへの気持ちが冷めていたのはわかっていたので、やめる方向も考えていました。
icchomae806_02
icchomae806_03
「やめる?」って聞くと
「やめない」って言う。なぜ。
ピアニスト目指してるわけでも無いし。何事も向き不向きあるし。嫌ならやめていいよと伝えてたんですが。そう聞くとやめないって言う…。たぶん本人の葛藤があったんだと思います。いずれ合唱の伴奏をやってみたいっていう希望もあったし。
icchomae806_04
でも練習はしない、という。(困惑)
当時ハマっていた負のサイクルがこちら。
icchomae806_01
心に余裕の無かった私はメイ子の気持ちがわからなくて困りました。
icchomae806_05
私が子どもの時は、父の認めた習い事しかさせてもらえなくて。自分が好きで始めた習い事ってのが無かったんです。好きなら練習すればいいし、嫌ならやめてもいいのに。なんで自分が選んだのにこんな宙ぶらりんにするの?という気持ちでした。

発表会の曲が決まったのもあり、この負のサイクルの時期がけっこう長く続いてしまいました。たしか3ヶ月くらい。発表会で弾くのは1曲だけだったので、なんとか練習して乗り切りました。

発表会後の通常練習はいよいよやる気がなくなり、練習をしていないからと休みたがるように。休んでしまうと先生が教えてくれた部分を忘れるし、私が教えられないので時間があくとさらにわからなくなってやる気ダウンの悪循環。
ずる休みした翌週、とうとう爆発してしまいました…
icchomae806_06
引導を渡してしまった

とうとうキレてしまいました。この時、晩ご飯の支度が迫る時間にマイちゃん眠くてグズりはじめーの、そこにメイ子が休みたい泣きという最っっ悪のタイミングで。現場はカオスでした…。
次回に続きます。
※続き物なので今回のコメント欄は閉じさせていただきます。




↓ サブブログやってます ↓ 
妹ちゃんがプロレスラーバナー
↓完全書き下ろしの単行本あります↓






人気ブログバナー
人気ブログランキングへ

にほんブログ村