いつもご覧いただきありがとうございます。あね子です。

年中さんからピアノを習っていたメイ子。実は去年、やめました。そのうち書こうと思っていたのですが、最後のほう母子ともにしんどくなってイメージだとこんな感じだったので
icchomae805_01
思い出してまとめるのにエネルギーが必要で、ちょっと時間があいてしまいました。

まずはピアノを始めてからの説明。
ピアノを習ってみたいとメイ子から申し出があり、他にブレることも無かったので始めてみることに。何か所かお教室の見学をし、メイ子が気に入った美人の(決め手がそこw)でもキビキビとした雰囲気の先生のところに通うことになりました。ピアノを始めるのに懸念だったのが、私がピアノの経験がゼロなこと。というか楽器全般経験が無く楽譜も読めません。
icchomae805_02
先生は大丈夫と言ってくれました。この点は悩みましたが、なんとかなるかな…と思っていました。この時は。後々響いてくるんだけどね…。

習い始めはまだ簡単な内容なので、教えたり練習に付き合うことができました。
icchomae805_03
音がわからないと言われれば教え、スマホのメトロノームアプリでリズムを取り、できないと癇癪を起せばなだめる…。こちらもピアノわからないなりに頑張ったと思う。メイ子のやる気を応援していたと思う。
メイ子、うまく弾けないと時々泣いたりしましたが、悔し泣きだったので練習は頑張っていました。発表会もドレスと演奏を楽しんで参加できていたし。
icchomae805_04
幼稚園生の時はしっかり練習していたので、けっこう上手に弾けていたと思います。(親馬鹿かもですが)
しかし、小学校に上がって一年生の2学期ごろ。子どもだけで公園に行くのを解禁したところ、遊ぶのに夢中になり、ピアノを全然触らなくなる。
icchomae805_05
長くなるので次回に続きます。
※続き物なので今回のコメント欄は閉じさせていただきます。




↓ サブブログやってます ↓ 
妹ちゃんがプロレスラーバナー
↓完全書き下ろしの単行本あります↓






人気ブログバナー
人気ブログランキングへ

にほんブログ村