いつもご覧いただきありがとうございます。
サッカーW杯はイングランドの優勝に賭けている、あね子です。(根拠なしの勘です)
なおダンナはベルギー推し。

夏と言えば水いぼ。というほど子持ちにはポピュラーな皮膚疾患ではないでしょうか、にっくき水いぼ!!我が家は去年の4月、メイ子が発症しました。icchomae579_01
肩から徐々に下りながら陣地を拡げていった水いぼども。
小1の春からスイミングスクールに通う予定でしたが、延期して治療することにしました。

かかりつけの皮膚科さんでは
・麻酔テープ+ピンセットで取る
・硝酸銀で化学的に除去
のどちらかが選べました。
icchomae579_02
硝酸銀での治療とは!?↓
icchomae579_03
こんな感じ。化学反応で水いぼを焼く?感じでしょうか。
この治療は痛みは無いらしいのですが…
icchomae579_04
痒いらしい。
「ジカジカ」という独特の表現で訴えてくるメイ子。
かゆみは数分続くらしく、落ち着くまでヒーヒー言っててかわいそうだった。
あと問題なのが
icchomae579_05
皮膚科さんではドライヤーで乾かしてくれるんだけど、全部乾ききってないようで服に付く。そして黒くなる…。治療の時着ていった下着は汚れちゃいます。
そんな感じでデメリットが多いなと感じたので、途中からピンセットで除去する方法に替えてもらいました。ちなみに以前対談させてもらった、皮膚科医ブロガーのデルぽん先生もピンセットで除去派。
icchomae579_06
水いぼについてはデルぽん先生の記事がわかりやすいからぜひ↓
【水いぼ①】水いぼの拡大経路について

※一応続き物なので今回コメント欄閉じます。




↓ サブブログやってます ↓ 
妹ちゃんがプロレスラーバナー
↓完全書き下ろしの単行本あります↓






人気ブログバナー
人気ブログランキングへ

にほんブログ村